2段階認証アプリ

ハッキング対策には、2段階認証!!

 

ネット上の悪いやつに、仮想通貨を盗まれないよう

2段階認証を設定しセキュリティアップしましょう。

仮想通貨取引所・ウォレット・ときにはHYIPでも・・・

2段階認証を設定できます。

 

2段階認証は、お家に鍵をかけるのと同じ感覚です。

2段階認証設定してないのは、鍵をかけてない家のようなもの。

悪い人に目をつけられれば、簡単にハッキングされます。

 


 

2段階認証(2FA)とは?

 

ワンタイムパスワードのように、30秒ごとに変わる暗証番号です。

2FA用のアプリをスマホにダウンロードして使います。

そのアプリにご利用のアカウントを連動させます。

 

アプリに6桁・8桁の数字が表示されるので

アカウントのログインの際、出金の際にその数字を入力します。

その数字は30秒間のみ有効です。

 

たとえ、ID・パスワードをハッカーに乗っ取られたとしても

そのアプリをダウンロードしたスマホがないと

ログイン・出金ができなくなります。

 

※秒数は、アプリによって異なります。

 

2FA用のアプリは、

Google Authentication、Authy

などがあります。

 

今回は、Authyの使い方を説明します。

 

私自身がAuthyの方を使ってるもので・・・

簡単にバックアップができるとこが好きです♪

 

バックアップをして入れば、

携帯を紛失したさい、壊れたさい、機種変更時に復元ができます。

 


 

『Authy』ダウンロードと登録

 

iphoneの方は↓

Authyアプリをダウンロード

 

Androidの方は↓

Authyアプリをダウンロード

 

ダウンロード完了したら、アプリを開きます。

 

①携帯番号とメールアドレスを登録

 

国番号は、Japan+81を選択します。

その横に携帯番号を入力

下にメールアドレス入力

よければ『OK』

 

 

②SMSを選択

携帯のSMSに番号(PINコード)が送られてきます。

 

③PINコード入力

入力した数字に間違いなければ、次の画面にすすみます。

 

この↓+ボタンを押すと、次はバックアップの画面に移ります。

 


 

『Authy』バックアップ

 

①バックアップパスワードを入力

自身でパスワード(英数字)を決めて入力。

忘れないようにメモしておいてください。

このパスワードがあれば、機種変更した際

新しいスマホでもデータの引き継ぎができます。

『Enable Backups』=バックアップを可能にする

 

②パスワード 再入力

再入力後、『OK』

これでバックアップも完了!

 


 

QRコードをスキャン

 

2段階認証を設定したい口座の設定画面を開きます。

すると、QRコードが表示されます。

それをアプリで読み込みます。

 

※QRコード付近に手動コード番号も記載されています

 

①追加ボタンをクリック

Authyのトップ画面の+ボタンを押します。

 

 

②カメラを起動

『Scan QR code』をクリックすると、QRコードを読み込むカメラが起動します。

アカウントの画面のQRコードをスキャンしてください。

もし読み込めない場合は、手動でコード番号を入力する方法もあります。

『Enter Key manually』をクリックすると番号入力画面になります。

 

③管理名を入力

フォルダ名みたいなもの。

Account Nameのところには、自分が管理しやすい名前を入力ください。

『Done』を押すと、アプリと口座アカウントが連動します。