ビットコインのハードフォークをすごく分かりやすく解説してみた

ハードフォークとは?

 

仮想通貨を勉強している方なら『ハードフォーク』を耳にしたことあるはず。

 

『ハードフォークでビットコイン分裂』なんてニュースも飛び交ってます。

 

最近は、ハードフォーク=分裂なんて印象がついてますが

そもそもは分裂させるためにハードフォークがあるのではなく

技術改善・仕様変更のためにハードフォークはあります。

 

そして、その仕様変更方法には

ハードフォークソフトフォークの2種類あるのはご存知でしたか?

 

今回は、ハードフォークとソフトフォークの違いについて

初心者でもわかりやすいように解説していきます。

 

 

 

ハードフォークとソフトフォーク(初心者編)

 

ハードフォークの対義語として

『ソフトフォーク』という言葉があります。

 

どちらのフォークも

『今までのルールを変更』する方法のことを言います。

 

今まで使用していたブロックチェーンの仕様を変更するには

ハードフォーク or ソフトフォーク

どちらかの方法でフォークしなくてはいけません。

 

フォーク=

『今までのとは、違う感じに変更される』方法です。

 

しかし、ソフトとハードでは

その変更の仕方が異なります。

 

 

因みに、ブロックチェーン技術を絵で表すとこんな感じです。

ブロックチェーンについては、こちらに書いてます↓

ブロックチェーンとは?初心者編

 

 

ソフトフォークでの変更方法は

『全てのブロックを変更しよう』という方法です。

『変わらないでほしい』と思ってる人の意見は無視して

『まるごと生まれ変わります』という状態です。

 

 

ハードフォークでの変更は

『このブロック以降から変更しよう』という方法です。

旧ブロックと新ブロックの互換性はなくなります。

旧ブロックはそのままにして、新しいブロックから生まれ変わります。

 

しかし、旧ブロックは取り残されたままで使えちゃうので・・・

このように

『2個できちゃった』という状態になります。

 

本来は、仕様を変更するために行い

その結果2つに分裂するのがハードフォークです。

 

 

 

 

 

ハードフォークの際の問題点

 

ハードフォークによる問題についてまとめました。

 

問題1:ハッシュパワー

 

Satoshi Nakamotoの論文にも書いてありますが

『ブロックチェーンの分岐が発生した場合でも、より強いハッシュパワーが支持するブロックチェーンに収束します』

 

分裂によって、ハッシュパワーも分散して

そしてどっちかが強すぎたり弱すぎたりしたときに、おかしくなる可能性があります。

最悪、どっちかがなくなるとかそのようなこと。

 

そのため、ハードフォーク反対派の方が多々います。

 

 

問題2:リプレイ攻撃

 

リプレイ攻撃とは、ユーザーさんがログインするときにデータを盗聴し

不正アクセスすることです。

リプレイ攻撃に対する対策をした上でハードフォークをしないとデータ流出する可能性があります。

 

 

問題3:技術的な改善

 

Unlimitedは、バグが生じてマイニング報酬が無効になるという事態が起こりました。

 

 

問題4:信用性

 

ハードフォークをしてしまうと、理論的に『どんな変更も可能』という概念ができてしまう。

 

『発行数の上限が2,100万枚』というのはビットコインのルールですが、

それすらも理論上は変更できてしまうではないか?

『取引データは改ざんできません』がウリなのに、システムごと変わるのっておかしくないか?

 

というような信用性に関わる問題で、

ハードフォークとか変更とかに反対する方が多々います。

 

 

問題5:アップデートによるトラブル

 

ウォレット・取引所・その他のビットコインネットワークで、

ハードフォーク後の通貨に対応するようにアップデートが行われます。

その際に、一時的なエラーやトラブルが起こることが考えられます。

 

 

 

今持ってる通貨はどうなるの?

 

 

例えば、2017年8月にビットコインがハードフォークした際

ビットコインキャッシュ対応の取引所・ウォレットにビットコインを置いておくことで

同数のビットコインキャッシュが受け取れました。

 

例えば、1 BTCを置いておけば1BCHもらえるという具合に。

 

 

そして、価格も分裂します。

理論上では、ハッシュパワーの比率に近づくと言われています。

 

例えば、BCCがハッシュパワー30%

BCUがハッシュパワー70%の場合

 

今のビットコインが1BTC=10万円のときは

1BCC=3万円 1 BCU=7万円

 

に近い数字になると言われています。理論上は。

 

しかし、現実は需要の大きさで価格は変動してます。

 

 

 

 

ハードフォークが決定したらやるべきこと

 

ハードフォークが実施されることになれば、やっておいた方がいいことがあります。

1.対応する取引所に保管しておく

 

簡単なのは『分裂した分の通貨も付与しますよ』と公表している取引所に保管すること。

その取引所の条件に従い、自動的に付与されます。

 

しかし、どの取引所も『問題がなければ付与します』という形なので

不都合な状況が生じれば付与されない可能性もあります。

 

 

2.ウォレットに保管しておく

 

ここでいうウォレットは、シークレットキー(秘密鍵)が発行されるウォレットのことです。

 

Coincheckウォレットなどは、ウォレットと名前がついてるだけで取引所と同じ扱い。

シークレットキーが発行できて管理できるものを、ここでいう本当のウォレットとします。

 

私が好きなビットコインウォレットはこちら

 

『分裂した分の通貨も付与しますよ』と公表しているウォレットが1番ですが

付与してくれないウォレットでもシークレットキーを使って別ウォレットに復元することで、

受け取り可能な場合がほとんど。

 

 

 

3.ウォレットが両方に対応するまでは送受信しない

 

こちらも、安定しないうちに操作するとシステムエラーでコインがどっかいっちゃうことも考えられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です