Radium(ラジウム/RADS)

Radium(ラジウム/RADS)

 

ラジウムスマートチェーンという独自プラットフォーム。

いろんなサービスを実装することが目的。

★スタート:2016年1月19日

★発行上限:900万 RADS

★ハッシュアルゴリズム

★認証アルゴリズムPoS

★ブロック生成:約1分

★ブロック報酬: 

 

xRadonとして知られるブロックチェーンとデータエンコーディングの実験として

Radium SmartChainが開始されました。

 

RadiumSmartChainの目標は、

ブロックチェーンサービスを開発するための独自のプラットフォームを提供すること。

 

そのプラットフォームにさまざまなサービスを実装することが目的で、

ユーザー名とアドレスのリンク、存在証明、所有証明、ファイル送信元証明など

現在追加されています。

 

この機能はブロックチェーンに埋め込まれており、

SmartChainのRPCクライアントからアクセスできます。

ファイル送信元は、OneClickVerifyなどで調べることができます。

 

Radiumのサイトはこちらから

Radiumスマートチェーンwiki

 

↓こちらはPoloniexのチャート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です