Circuits of Value(COVAL/コヴァル)

Circuits of Value(COVAL)

 

様々なサービスを展開するプラットフォーム

★スタート:2014年11月14日

★発行上限:10億 COVAL

★ハッシュアルゴリズム:Multiple

★認証アルゴリズム:PoW

★ブロック生成:約秒

★Difficulty調整:

 

元々RBR(RibbitRewards)という名前で、リブランドされてCOVALに変わりました。

 

RBRの時は、Loyyalが運営しているというかたちでした。

Loyyalはブロックチェーンとスマートコントラクト技術で構築されたポイントサービス。

ドバイ首長公認でドバイでサービスの実証実験もされました。

 

現在は、COVALという名前になって運営が変わりLoyyalとは切り離されています。

正確に言うと、Loyyalの共同創設者の方に売却され、関係性はあるのですが

Loyyalのサービス内でCOVALを使用されるということはないようです。

 

 

COVALのプラットフォームで使用できるサービスは下記のとおり。

 

・VOCAL

COVALの分散型ソーシャルコンテンツ発行システム(Mastodonで動作)

 

・COVAL ZERO

ZEROネットドメインネームサービス。

『.bit』Namecoin暗号化を使用する分散型ドメイン。

自身のコンテンツを中央サーバーなしで配信可能です。

ZEROネットのサイト

 

・COVAL VERB

SNSやゲームアプリ用のトークン。

アプリの所有者のルールに基づいて、COVALの獲得・取引されます。

VOCAL内で使用可能。

 

・COVAL PACK

Blockchainトレーディングカードやトークンのコレクションを作成し、

アプリ・ゲーム内で公開できるプラットフォーム。

オプションで購買オプションを設定します(購入・オークション・無料など)

 

Track/Jacket/歌詞カード全体をパッケージ化可能で、

カード部分はSOG(Spells of Genesis)やRarePepeにも対応です。

 

・COVAL PRISM

EthereumスマートコントラクトとShapeshiftによって管理される

Oracleの価格データフィードに基づくサービス。

プライベートウォレット、ポートフォリオトークン発行。

COVAL PACKからPRISMを生成、その逆も可能。

COVALのサイトはこちら

 

Bittrex通貨一覧へもどる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です